[Market Eye]Stocks: Nikkei 225 futures plunge below 26,000 yen due to Swiss central bank rate hike | Reuters

[東京 16日 ロイター] – <16:55> 日経平均先物が急落、2万6000円割 れ スイス中銀の利上げで 日経平均先物が下げ幅を拡大し、心理的節目の2万6000円を割り込んでいる。大 証の日経平均先物9月限は現在500円超安の2万5800円台半ば。引け後にスイス中 銀が15年ぶりの利上げを発表をし、市場でサプライズが広がっている。 スイス国立銀行(中央銀行)は16日、政策金利を0.5%ポイント引き上げマイナ ス0.25%とした。インフレに対処するために2007年9月以来15年ぶりに利上げ に踏み切った。 <15:45> 新興株市場はマザーズが続落、外部環境に連れ安 新興株式市場は、マザーズ総合が前営業日比1.32%安の636.32ポイントと 続落した。朝方はプラス圏での推移となっていたが、アジア株や時間外取引での米株先物 の軟化を受け、マイナス圏に転落して安値引けとなった。 個別では、メルカリ、メドレー、弁護士ドットコム、JT OWERが軟調。サンバイオ、セルソースが買われた。 <14:30> 日経平均は上げ幅を縮小、200円超高 アジア株安など重し 日経平均は上げ幅を縮小し、前営業日比200円ほど高い2万6500円台前半を推 移している。時間外取引での米株先物やアジア株の軟化が嫌気されている。足元のナスダ ック100Eミニ先物小幅安、香港ハンセン株価指数は1%超安。 市場では「中国のゼロコロナ政策は当面続くとされており、経済の先行きに対する悲 観ムードが広がっている」(国内証券)との声が聞かれる。 午後2時30分現在の東証プライム市場の売買代金は2兆0077億8400万円。 東証33業種では、水産・農林業、繊維業、ゴム製品、輸送用機器、不動産業などの29 業種が値上がり。値下がりは海運業、サービス業などの4業種。 … Read more

EU continues to aim for Russia’s oil embargo agreement in May = diplomatic sources | Reuters

The European Union (EU) continues to aim to agree on a gradual embargo on Russian oil later this month. Taken in March 2019 (2022 Reuters … Read more

Refusal to refuel Russian merchant ships, major European ports in the Mediterranean | Reuters

It has been found that refueling companies have stopped replenishing Russian-registered merchant ships at major European ports such as Spain and Malta. The photo is … Read more

[Market Eye]Stocks: The Nikkei average is temporarily below 27,000 yen, and the market says it is “too much returning” | Reuters

[Tokyo 31st Reuters]- The Nikkei average is temporarily below 27,000 yen, and the market says it is “too much back”. The Nikkei average has risen … Read more