US export restrictions on manufacturing equipment for semiconductor companies in China, South Koreans are also allowed | Reuters

WASHINGTON, Oct. 6 (Reuters) – The U.S. Department of Commerce plans to announce restrictions on exports of manufacturing equipment to Chinese semiconductor companies this week for U.S. semiconductor manufacturing equipment companies, and the granting of licenses to export to Chinese companies will be strictly curtailed. In the case of exports to foreign companies such as … Read more

Morning Nikkei average falls for 3 days in a row, fears of recession intensify and overall decline | Reuters

On the morning of the 26th, the Nikkei Stock Average dropped 534.30 yen from the previous business day to 26,619.53 yen, falling for three consecutive days. This photo is taken at the Tokyo Stock Exchange in October 2020. REUTERS/Kim Kyung-Hoon [TOKYO (Reuters)]- On the morning of the 26th, the Nikkei Stock Average dropped 534.30 yen … Read more

Strong financial results support stock prices in the midst of a spectacle = this week’s Tokyo stock market | Reuters

Aug 8 Tokyo stock market is expected to strengthen this week. Photo taken at the Tokyo Stock Exchange in February 2016. (Reuters/Issei Kato) TOKYO (Reuters) – The Tokyo stock market is expected to strengthen this week. In addition to the financial results announcement season reaching its peak, the US July CPI (Consumer Price Index) is … Read more

[Market Eye]Stocks: Nikkei average turned positive, US CPI shock avoidance gives a sense of security | Reuters

[東京 14日 ロイター] – <10:50> 日経平均はプラスに転換、米CPIショック回避で安心感も 日経平均はプラスに転換。2万6600円台での動きとなっている。時間外取引で米 株先物は軟調に推移しているものの、外為市場でドル高/円安が進行していることが下支 え要因になっているほか、前2回と異なり、米消費者物価指数(CPI)の強い数値を受 けても米株は崩れず「ショック安を回避できたことが安心感を誘っている」(国内証券) という。 市場では「CPI発表後に米株が崩れなかったため、ヘッジしていた投資家の買い戻 しが活発化しているようだ」(別の国内証券)との声も聞かれた。 <10:12> 下げ幅縮小、半導体関連株底堅く相場下支え 日経平均は下げ幅を縮小し、前営業日比約40円安の2万6400円台半ばで推移し ている。フィラデルフィア半導体指数(SOX指数)が上昇したことを受け、東京エレク トロンや日東電工など半導体関連株が底堅く推移し、相場を下支えして いる。 市場では「昨日の米消費者物価指数(CPI)の公表を受けても米株市場が大きく調 整するなど『CPIショック』には至らなかったため、日本株も下げ渋っているのではな いか」(国内証券)との声が聞かれた。 <09:07> 寄り付きの日経平均は反落、米大幅利上げ観測で景気減速懸念強ま る 寄り付きの東京株式市場で日経平均は、前営業日比121円45銭安の2万6357 円32銭と、反落してスタートした。米消費者物価指数(CPI)の強い伸びを受けて、 米連邦準備理事会(FRB)が大幅利上げを行うとの観測が出ており、世界景気減速への 警戒が一段と強まっている。業種別では、保険業、銀行業などの下落が目立つ一方、水産 ・農林業などは値上がりとなっている。 指数寄与度の大きいファーストリテイリングは小幅に上昇している半面、ソ フトバンクグループ、ファナックなどは軟調。東京電力ホールディング スは2%超安となっている。 <08:21> 寄り前の板状況、トレジャー・ファクトリーが買い優勢 デサント は売り優勢 東証プライム市場の寄り前の板状況では、買い優勢と売り優勢のそれぞれ上位銘柄群 は以下の通り。 買い優勢 銘柄名 騰落 MID 買気 売気 終値 率 気配 配 配 1 トレジャー・ファクトリー 4 3 4 3 2 日本酸素HD 14% 2,45 2,45 2,45 … Read more

[Market Eye]Stocks: Nikkei average remains in the low range, US 3 consecutive holidays conscious and position reorganization | Reuters

[東京 1日 ロイター] – <14:15> 日経平均は安値圏で推移、米国3連休意識しポジション整理も 日経平均は安値圏で推移している。前日比で500円を超す下落となっており、反転 する気配が感じられない。ここまで大幅に下げる明確な理由は見当たらないが、市場では 「米国市場が4日に独立記念日となるため、週末は3連休で売りが出やすい。それを意識 しポジション整理が活発化しているようだ」(国内証券)との声が聞かれる。 時間外取引では米株先物が軟調な展開となっており、それを嫌気して主力銘柄が総じ てさえない。 <12:48> 後場の日経平均は下げ幅拡大、2万6000円割れ 半導体関連に売り 後場に入り、日経平均は下げ幅を拡大し、前営業日比約470円安の2万5900円 台前半で推移している。節目の2万6000円を下回り、6月20日以来の安値水準とな っている。米株先物の下げが一段と加速していることが重しとなっているほか、半導体関 連株の下落が日経平均を押し下げている。 市場では、「台湾の半導体受託製造大手TSMCの株が大きく下落してい る影響で、日本株市場でも東京エレクトロンなど半導体関連株の売りが加速している」( 国内証券)との声が聞かれた。 指数寄与度の大きい東京エレクトロンは4%安と軟調、TDKは5 %安、アドバンテストは3%安となっている。 <11:45> 前場の日経平均は3日続落、世界景気減速懸念が引き続き重し 前場の東京株式市場で日経平均は、前営業日比233円51銭安の2万6159円5 3銭と、3日続落した。米国などの金融引き締めの加速による世界景気減速懸念が引き続 き意識され、積極的な買いは手控えられた。米株先物が軟調に推移したことも相場の重し となった。 日経平均は小高くスタートしたが、上昇の勢いは続かずマイナス圏に沈んだ。その後 も徐々に下げ幅が拡大し、一時、約240円安の2万6148円61銭まで下落した。時 間外取引で米株先物が軟調に推移したことや、値がさ株の下落が相場の重しとなった。 取引開始前に日銀が発表した6月短観では、大企業・製造業の業況判断指数(DI) がプラス9と、2期連続で悪化し、ロイターがまとめた予測中央値(プラス13)を下回 った。ただ、昨日に公表された鉱工業生産指数が予想を大きく下振れる内容だったため、 日銀短観の弱さは織り込み済みとの指摘が出ていた。 楽天証券のチーフ・ストラテジスト、窪田真之氏は「米連邦準備理事会(FRB)が 金融引き締めを急ぎ、景気減速懸念が意識されるなど、ネガティブな状況は変わっていな い」と話す。米国では7月にも大幅利上げが続く可能性があり、景気悪化リスクの高まり が嫌気されているという。 市場では、東京都が新型コロナの警戒度を1段階引き上げたことで「国内経済の回復 が遅れるとの思惑も、相場の重しとなっているようだ」(国内運用会社)と指摘も聞かれ た。目先の日経平均については「短期的にまだ下値リスクもある中で、再び2万7000 円を回復できるかが焦点になりそうだ」(同)との意見が聞かれた。 TOPIXは0.71%安の1857.49ポイントで午前の取引を終了。東証プラ イム市場の売買代金は1兆4478億6100万円だった。東証33業種では、値上がり は石油・石炭製品や保険業、銀行業など9業種で、値下がりは鉱業やゴム製品、電気・ガ ス業など23業種、情報・通信業は変わらずだった。 個別では、ファーストリテイリングや東京エレクトロンなど、指数 寄与度の大きい銘柄が軟調。トヨタ自動車やホンダなど自動車株もさえ ない。一方、高島屋やJ.フロント リテイリングは堅調に推移した。 東証プライム市場の騰落数は、値上がりが512銘柄(27%)、値下がりは124 4銘柄(67%)、変わらずは79銘柄(4%)だった。 <11:10> 日経平均は軟調、米株先物下げ加速が重し 日経平均は前営業日比約170円安の2万6200円台前半で軟調となっている。米 株先物の下げが加速しており、相場の重しとなっているほか、昨日に引き続き、ファース トリテイリングや東京エレクトロンなどの値がさ株が軟調で日経平均を 押し下げている。 市場では、特段目新しい材料が出たわけではないものの、「米国が金融政策の引き締 めを急ぎ、7月も大幅利上げ続く可能性があることが意識されている。それに伴う米景気 … Read more

[Market Eye]Stocks: Nikkei 225 futures plunge below 26,000 yen due to Swiss central bank rate hike | Reuters

[東京 16日 ロイター] – <16:55> 日経平均先物が急落、2万6000円割 れ スイス中銀の利上げで 日経平均先物が下げ幅を拡大し、心理的節目の2万6000円を割り込んでいる。大 証の日経平均先物9月限は現在500円超安の2万5800円台半ば。引け後にスイス中 銀が15年ぶりの利上げを発表をし、市場でサプライズが広がっている。 スイス国立銀行(中央銀行)は16日、政策金利を0.5%ポイント引き上げマイナ ス0.25%とした。インフレに対処するために2007年9月以来15年ぶりに利上げ に踏み切った。 <15:45> 新興株市場はマザーズが続落、外部環境に連れ安 新興株式市場は、マザーズ総合が前営業日比1.32%安の636.32ポイントと 続落した。朝方はプラス圏での推移となっていたが、アジア株や時間外取引での米株先物 の軟化を受け、マイナス圏に転落して安値引けとなった。 個別では、メルカリ、メドレー、弁護士ドットコム、JT OWERが軟調。サンバイオ、セルソースが買われた。 <14:30> 日経平均は上げ幅を縮小、200円超高 アジア株安など重し 日経平均は上げ幅を縮小し、前営業日比200円ほど高い2万6500円台前半を推 移している。時間外取引での米株先物やアジア株の軟化が嫌気されている。足元のナスダ ック100Eミニ先物小幅安、香港ハンセン株価指数は1%超安。 市場では「中国のゼロコロナ政策は当面続くとされており、経済の先行きに対する悲 観ムードが広がっている」(国内証券)との声が聞かれる。 午後2時30分現在の東証プライム市場の売買代金は2兆0077億8400万円。 東証33業種では、水産・農林業、繊維業、ゴム製品、輸送用機器、不動産業などの29 業種が値上がり。値下がりは海運業、サービス業などの4業種。   <13:40> 後場の日経平均は上げ幅縮小、日銀会合を前に市場では思惑も 後場に入り、日経平均は上げ幅を縮小している。約280円高の2万6600円付近 で推移している。前日の米株は反発したが、米連邦準備理事会(FRB)が一段とタカ派 姿勢を強めたことで、警戒感も根強い。「米金利上昇を見据えて日本株市場では利益確定 売りが出て、米債を買う動きがみられる」(国内証券)との声が聞かれた。 17日には、日銀の金融政策決定会合の結果発表を控えている。「市場の予想通り政 策の現状維持が示されれば、株式市場への影響は限定的となりそうだ」(国内運用会社) との見方が出ている。 黒田東彦総裁は「家計が値上げを受け入れている」との講演での発言を国会で撤回す る一幕があり、明日の会合後の総裁会見でも「円安を助長するようなメッセージは控えら れるのではないか」(先の国内証券)との声がある。 一方、財務省と金融庁、日銀は前週末、為替市場の動向などで意見交換し、急速な円 安進行について「憂慮している」との認識を共有し、声明をまとめて協議後に発表した。 「円高材料が出ないか注意が必要」(別の国内証券)との見方もある。 <11:50> 前場の日経平均は反発、FOMC通過で買い戻し 一時600円超高 前場の東京株式市場で日経平均は、前営業日比367円89銭高の2万6694円0 5銭と、反発した。市場の関心が高かった米連邦公開市場委員会(FOMC)を通過し、 買い戻しが先行した。一時600円超高に上昇したが、心理的節目の2万7000円の手 前では利益確定売りに抑えられ、伸び悩んだ。   日経平均は、急反発でスタートした後も上値を伸ばした。前日までの4営業日で終値 ベースで約1900円下落しており、イベントの通過に伴って買い戻しが強まった。 自動車など輸送用機器や機械株といった輸出関連株、ハイテク株、高PER(株価収 益率)株など幅広い銘柄で買い戻しが先行。TOPIXグロース株指数と同バリュー株指 数はともに堅調だった。   一方、市場では「ニューロングが入ってる感じはない」(りそなアセットマネジメン トの戸田浩司ファンドマネージャー)との見方も聞かれた。一時621円54銭高の2万 6947円70銭に上昇したものの、心理的節目の2万7000円手前では利益確定売り … Read more