[Market Eye]Stocks: The Nikkei average in the latter part of the market is declining and expanding, and MSCI replacement is also determined due to the depreciation of Asian stocks | Reuters

[東京 10日 ロイター] – <13:00> 後場の日経平均は下げ拡大、アジア株安で MSCI入れ替え見極 めも 後場の日経平均は下げ幅を拡大し、一時前営業日比200円超安となった。現在は1 50円ほど安い2万9100円近辺での推移となっている。市場では、アジア株の下落や 為替の円高基調が嫌気されていると見方があるほか、日本時間の12日朝に発表を控えて いるMSCI指数の定期入れ替えも相場の重しとなっているという。 市場では「5月に入れ替えが行われた際は日本株の新規採用がなく、除外によって数 千億規模の資金が流出したとの観測もある。今回の入れ替えは確定してはいないものの、 少なからず相場の重しとはなっているだろう」(国内証券)との声が聞かれる。 午後1時現在の東証1部の売買代金は1兆5433億6800万円。東証33業種で は、ゴム製品、空運業、鉄鋼、非鉄金属などの24業種が値下がり。海運業、パルプ・紙 、鉱業などの9業種は値上がりとなっている。 <11:45> 前場の日経平均は続落、米株・アジア株安を嫌気 米CPI控え見 送りも 前場の東京株式市場で、日経平均は前営業日比88円46銭安の2万9197円00 銭となり、4日続落した。前日の米株安が嫌気されたほか、時間外取引での米株先物の軟 化や香港ハンセン指数、上海総合指数などのアジア株が軒並み下落したことも重しとなっ た。日本時間の今夜発表される米消費者物価指数(CPI)を見極めたいという見送りム ードも強かった。 9日の米国株式市場は主要3指数が反落し、連日の最高値更新に終止符を打った。材 料を欠く中で利益確定売りの動きが出たほか、インフレ懸念が重しになった。 日経平均は寄り付きで続落後、129円66銭安の2万9155円80銭で安値をつ けた。一時プラス圏に浮上する場面もみられたが、上昇は長続きせず再びマイナス圏に沈 … Read more

[Market Eye]Stocks: Nikkei average is declining, receiving voting results from the LDP presidential election | Reuters

[東京 29日 ロイター] – <14:15> 日経平均は下げ幅拡大、自民党総裁選の投票結果受け 日経平均は下げ幅を拡大し、一時、前場に付けたきょうの安値を下回った。注目され ていた自民党総裁選の投票結果を受け、下げ足を速めた格好。過半数を制した候補者がお らず、決選投票となったが「4候補者の中で最も改革路線を進めるイメージがあった河野 氏の得票数が伸び悩んだことが嫌気されたようだ」(国内証券)という。 <11:45> 前場の日経平均は大幅続落、一時800円超安 米金利上昇や株安嫌 気 前場の東京株式市場で、日経平均は前営業日比741円82銭安の2万9442円1 4銭となり、大幅に続落した。米国市場で金利が上昇し株価が大幅安となったことを嫌気 し、朝方に大幅安で始まった後も徐々に下げ幅を広げ一時800円超安となった。米債務 上限問題への警戒感も強まった。 前日の米国株式市場は大幅安だった。インフレの高止まりや米債務上限問題を巡る懸 念が深まる中、米債利回りの上昇を嫌気し幅広い銘柄に売りが広がった。主要3指数はい ずれもほぼ2%かそれ以上値を下げ、金利に敏感なテクノロジー関連株の下落が目立った 。 東京市場では、配当権利落ちに加え、米株安の流れを受けて幅広く売られた。大幅に 下げて始まった後も上値は重く、上海株や香港株が軟調に推移する中、前引けにかけて8 00円超安へと下げ幅を広げる場面もあった。 市場では、年末や年度末に向けた先高観は変わらないものの9月の上昇ペースが早か ったとの見方は多く「ここで無理をするより、いったん調整が入った方が上昇トレンドは 持続しやすい」(SMBC日興証券の太田千尋投資情報部部長)との声が聞かれた。 TOPIXは2.4%安で午前の取引を終了。東証1部の売買代金は1兆8049億 7100万円と膨らんだ。東証33業種では31業種が下落。下落率上位には、精密機器 … Read more