[Market Eye]Stocks: Nikkei 225 / Daily is “Tayo Line”, confirmed bottoming out by filling in Mad | Reuters

[東京 11日 ロイター] – <15:40> 日経平均・日足は「大陽線」、マド埋めで底打ちを確認 日経平均・日足は上下に短いヒゲを伴う「大陽線」。前営業日の伸びを欠いた「トウ バ」を包み込むような形の「抱き線」となり、リバウンド相場の基調が強いことを印象付 けた。底入れ確認の戻りの目安となる4日と5日に空けたマド(上限値は4日安値2万8 343円58銭)を埋めたことで、底打ちを確認した格好となった点も注目。 今後は、今回はワンタッチにとどまった75日移動平均線(2万8545円85銭= 11日)、さらには200日移動平均線(2万8709円52銭=同)を上回ることがで きるかどうかが注目される。 <15:10> 新興株式市場はしっかり、地合い好転し値幅取り資金が流入 新興株式市場は、東証マザーズ指数、日経ジャスダック平均がいずれも続伸した。市 場では「投資マインドの改善が読み取れるように地合いが好転し、動きの良い銘柄に値幅 取り資金が流入している」(国内証券)との声が聞かれる マザーズ総合は前営業日比1.61%高。直近のIPOのプロジェクトカンパニーのほか、アクアライン がストップ高となったほか、メルカリ が連 日の上場来高値更新。プレミアアンチエイジング 、ワンキャリア も堅調 に推移した。半面、フーバーブレイン が大幅安となった。 日経ジャスダック平均は前営業日比0.72%高だった。スリー・ディー・マトリッ クス がストップ高となり、ウエストホールディングス … Read more

The Nikkei average in the previous session fell sharply, and concerns about Evergrande’s cash flow were heavy | Reuters

On the Tokyo Stock Exchange, the Nikkei average fell 601.48 yen from the previous business day to 29,898.57 yen, a sharp rebound. The photo is … Read more

[Market Eye]Stocks: Positive turnaround toward the backstage, voice of “mood change” due to breaking the end-of-month anomaly | Reuters

[東京 31日 ロイター] – <12:35> 後場寄りはプラス転換、月末安アノマリー破りで「ムード一変」の 声も 後場寄り付きの日経平均はプラス転換。時間外取引で米株先物が堅調に推移している ことなどがサポート要因になっている。このまま7月まで11カ月連続となっていた月末 安のアノマリーが破られるかに関心が集まってきた。 市場では「このまま高いままで引け、月末安のアノマリーが破られることになれば、 市場のムードは一変する可能性があり、9月相場の上昇期待が大きくなりそうだ」(雨宮 総研代表の雨宮京子氏)との声も聞かれる。 <11:50> 前場の日経平均は小反落、引き続き月末安アノマリーを意識 前場の東京株式市場で、日経平均は前営業日比53円95銭安の2万7735円34 銭となり、反落した。引き続き月末安アノマリーが意識されたほか、重要経済指標を控え 様子見ムードが広がった。日経平均は一時プラス圏に浮上する場面も見られたが上値は重 く、2万7700円台でのもみあいが続いた。 30日の米国株式市場はダウ工業30種が小反落、S&P総合500種とナスダック 総合が連日の最高値更新となった。景気回復への安心感が広がり、投資資金がハイテク株 に向かった。 日経平均はダウ安の流れを引き継ぎ、反落スタート。朝方から景気敏感株を中心に売 りが先行した。一時10円07銭高まで浮上したが、香港ハンセン指数や上海総合指数な どのアジア株が下げ幅を拡大したことが重しとなり、上値を追う展開にはならなかった。 市場では「7─8月は例年夏枯れ相場となり方向性が出にくい中、きょうはそれに加 えて月末安が意識されている。国内での緊急事態宣言、総裁選の行方も気がかりで積極的 に買いづらい」(国内証券)との声が聞かれた。 TOPIXは反落し0.28%安で午前の取引を終了。東証1部の売買代金は1兆0 … Read more

Focus: Autonomous driving is “people dependable”, startups compromise line | Reuters

[Fremont (California) 23rd Reuters]–Self-driving startups such as Cruise, a subsidiary of US General Motors (GM), and Chinese startup Pony AI have been in California since … Read more

[Market Eye]Stocks: Nikkei average rises and expands, policy expectations also rise due to defeat of prime minister support candidate | Reuters

[東京 23日 ロイター] – <11:10> 日経平均は上げ拡大、首相支援候補敗北で政策期待も 日経平均は上げ幅を拡大している。上海株や香港株が堅調に推移しており、日本株の支援材料になって いる。日経平均への寄与度の大きいソフトバンクグループ は朝方に年初来安値を更新したが、プラ スに転換した。 横浜市長選で菅義偉首相の推す候補が敗北したことで、政局の不透明感とともに、政策期待も高まりや すいとの声が出ている。市場では「政権支持率低下を挽回するため、経済政策のてこ入れが期待される」( 国内証券)との見方も聞かれた。 <10:05> 日経平均は高値圏で推移、90%の銘柄が上昇する全面高商状に 日経平均は高値圏で推移している。午前10時05分現在、東証1部の騰落数で値上がりは1979銘 柄と率にして全体の90%が上昇する全面高商状。 デルタ株への警戒感、横浜市長選挙の首相支援候補の敗北による政局不安など、株価を圧迫する材料が あるものの、「前週後半の下落で値ごろ感が台頭。押し目買いに自律反発に転じた」(国内証券)との声が 聞かれる。 <09:05> 日経平均は反発、米株上昇を好感 高寄り後も上値追う展開に 寄り付きの東京株式市場で、日経平均は前営業日比179円85銭高の2万7193円10銭となり、 反発してスタート。前週末の米国株式市場が上昇したことを好感した。主力銘柄を中心に幅広く物色され、 高寄りした後も上値を追う展開となっている。 <08:45> 寄り前の板状況、トヨタ自など主力銘柄が買い優勢 市場関係者によると、寄り前の板状況は、トヨタ自動車 、ソニーグループ 、ホンダ< 7267.T>、キヤノン … Read more