[Market Eye]Stocks: Nikkei 225 / Daily is “Tayo Line”, confirmed bottoming out by filling in Mad | Reuters

[東京 11日 ロイター] – <15:40> 日経平均・日足は「大陽線」、マド埋めで底打ちを確認 日経平均・日足は上下に短いヒゲを伴う「大陽線」。前営業日の伸びを欠いた「トウ バ」を包み込むような形の「抱き線」となり、リバウンド相場の基調が強いことを印象付 けた。底入れ確認の戻りの目安となる4日と5日に空けたマド(上限値は4日安値2万8 343円58銭)を埋めたことで、底打ちを確認した格好となった点も注目。 今後は、今回はワンタッチにとどまった75日移動平均線(2万8545円85銭= 11日)、さらには200日移動平均線(2万8709円52銭=同)を上回ることがで きるかどうかが注目される。 <15:10> 新興株式市場はしっかり、地合い好転し値幅取り資金が流入 新興株式市場は、東証マザーズ指数、日経ジャスダック平均がいずれも続伸した。市 場では「投資マインドの改善が読み取れるように地合いが好転し、動きの良い銘柄に値幅 取り資金が流入している」(国内証券)との声が聞かれる マザーズ総合は前営業日比1.61%高。直近のIPOのプロジェクトカンパニーのほか、アクアライン がストップ高となったほか、メルカリ が連 日の上場来高値更新。プレミアアンチエイジング 、ワンキャリア も堅調 に推移した。半面、フーバーブレイン が大幅安となった。 日経ジャスダック平均は前営業日比0.72%高だった。スリー・ディー・マトリッ クス がストップ高となり、ウエストホールディングス … Read more

The Nikkei average in the morning fell sharply, US stocks were anaerobic and fell below 29,000 yen | Reuters

On the Tokyo Stock Exchange in the morning, the Nikkei average fell by 590.83 yen from the previous business day to 28,861.83 yen, falling sharply. … Read more

Today’s stock outlook = weak and anaerobic about the fall in US stocks.

[東京 1日 ロイター] – きょうの東京株式市場で日経平均株価は、弱もちあいが想定されている。前日の米国 株式市場で主要3指数が総じて下落したことを嫌気して、売り優勢で始まりそうだ。ただ 、日本株はこれまでの下げによって高値警戒感が和らいだことから下値では押し目を買う 動きも想定され、売り買いが交錯してもみあうとみられる。 日経平均の予想レンジは2万9100円─2万9600円。 前営業日終値 年初来高値 年初来安値 日経平均   29452.66 30795.78 26954.81              -91.63 2021年9月14 2021年8月20    日 日 シカゴ日経平均先物 29305(円建て … Read more

Angle: Kishida’s market is at zero, can Prime Minister Suga’s “蹉 跌” be overcome | Reuters

[Tokyo 30th Reuters]–In terms of Japanese stock valuation, Fumio Kishida, the new president of the Liberal Democratic Party, will start from an almost neutral position. … Read more

[Market Eye]Stocks: Nikkei average is declining, receiving voting results from the LDP presidential election | Reuters

[東京 29日 ロイター] – <14:15> 日経平均は下げ幅拡大、自民党総裁選の投票結果受け 日経平均は下げ幅を拡大し、一時、前場に付けたきょうの安値を下回った。注目され ていた自民党総裁選の投票結果を受け、下げ足を速めた格好。過半数を制した候補者がお らず、決選投票となったが「4候補者の中で最も改革路線を進めるイメージがあった河野 氏の得票数が伸び悩んだことが嫌気されたようだ」(国内証券)という。 <11:45> 前場の日経平均は大幅続落、一時800円超安 米金利上昇や株安嫌 気 前場の東京株式市場で、日経平均は前営業日比741円82銭安の2万9442円1 4銭となり、大幅に続落した。米国市場で金利が上昇し株価が大幅安となったことを嫌気 し、朝方に大幅安で始まった後も徐々に下げ幅を広げ一時800円超安となった。米債務 上限問題への警戒感も強まった。 前日の米国株式市場は大幅安だった。インフレの高止まりや米債務上限問題を巡る懸 念が深まる中、米債利回りの上昇を嫌気し幅広い銘柄に売りが広がった。主要3指数はい ずれもほぼ2%かそれ以上値を下げ、金利に敏感なテクノロジー関連株の下落が目立った 。 東京市場では、配当権利落ちに加え、米株安の流れを受けて幅広く売られた。大幅に 下げて始まった後も上値は重く、上海株や香港株が軟調に推移する中、前引けにかけて8 00円超安へと下げ幅を広げる場面もあった。 市場では、年末や年度末に向けた先高観は変わらないものの9月の上昇ペースが早か ったとの見方は多く「ここで無理をするより、いったん調整が入った方が上昇トレンドは 持続しやすい」(SMBC日興証券の太田千尋投資情報部部長)との声が聞かれた。 TOPIXは2.4%安で午前の取引を終了。東証1部の売買代金は1兆8049億 7100万円と膨らんだ。東証33業種では31業種が下落。下落率上位には、精密機器 … Read more

The Nikkei average in the previous session fell sharply, and concerns about Evergrande’s cash flow were heavy | Reuters

On the Tokyo Stock Exchange, the Nikkei average fell 601.48 yen from the previous business day to 29,898.57 yen, a sharp rebound. The photo is … Read more

[Market Eye]Stocks: Positive turnaround toward the backstage, voice of “mood change” due to breaking the end-of-month anomaly | Reuters

[東京 31日 ロイター] – <12:35> 後場寄りはプラス転換、月末安アノマリー破りで「ムード一変」の 声も 後場寄り付きの日経平均はプラス転換。時間外取引で米株先物が堅調に推移している ことなどがサポート要因になっている。このまま7月まで11カ月連続となっていた月末 安のアノマリーが破られるかに関心が集まってきた。 市場では「このまま高いままで引け、月末安のアノマリーが破られることになれば、 市場のムードは一変する可能性があり、9月相場の上昇期待が大きくなりそうだ」(雨宮 総研代表の雨宮京子氏)との声も聞かれる。 <11:50> 前場の日経平均は小反落、引き続き月末安アノマリーを意識 前場の東京株式市場で、日経平均は前営業日比53円95銭安の2万7735円34 銭となり、反落した。引き続き月末安アノマリーが意識されたほか、重要経済指標を控え 様子見ムードが広がった。日経平均は一時プラス圏に浮上する場面も見られたが上値は重 く、2万7700円台でのもみあいが続いた。 30日の米国株式市場はダウ工業30種が小反落、S&P総合500種とナスダック 総合が連日の最高値更新となった。景気回復への安心感が広がり、投資資金がハイテク株 に向かった。 日経平均はダウ安の流れを引き継ぎ、反落スタート。朝方から景気敏感株を中心に売 りが先行した。一時10円07銭高まで浮上したが、香港ハンセン指数や上海総合指数な どのアジア株が下げ幅を拡大したことが重しとなり、上値を追う展開にはならなかった。 市場では「7─8月は例年夏枯れ相場となり方向性が出にくい中、きょうはそれに加 えて月末安が意識されている。国内での緊急事態宣言、総裁選の行方も気がかりで積極的 に買いづらい」(国内証券)との声が聞かれた。 TOPIXは反落し0.28%安で午前の取引を終了。東証1部の売買代金は1兆0 … Read more

[Market Eye]Stocks: Nikkei average rises and expands, policy expectations also rise due to defeat of prime minister support candidate | Reuters

[東京 23日 ロイター] – <11:10> 日経平均は上げ拡大、首相支援候補敗北で政策期待も 日経平均は上げ幅を拡大している。上海株や香港株が堅調に推移しており、日本株の支援材料になって いる。日経平均への寄与度の大きいソフトバンクグループ は朝方に年初来安値を更新したが、プラ スに転換した。 横浜市長選で菅義偉首相の推す候補が敗北したことで、政局の不透明感とともに、政策期待も高まりや すいとの声が出ている。市場では「政権支持率低下を挽回するため、経済政策のてこ入れが期待される」( 国内証券)との見方も聞かれた。 <10:05> 日経平均は高値圏で推移、90%の銘柄が上昇する全面高商状に 日経平均は高値圏で推移している。午前10時05分現在、東証1部の騰落数で値上がりは1979銘 柄と率にして全体の90%が上昇する全面高商状。 デルタ株への警戒感、横浜市長選挙の首相支援候補の敗北による政局不安など、株価を圧迫する材料が あるものの、「前週後半の下落で値ごろ感が台頭。押し目買いに自律反発に転じた」(国内証券)との声が 聞かれる。 <09:05> 日経平均は反発、米株上昇を好感 高寄り後も上値追う展開に 寄り付きの東京株式市場で、日経平均は前営業日比179円85銭高の2万7193円10銭となり、 反発してスタート。前週末の米国株式市場が上昇したことを好感した。主力銘柄を中心に幅広く物色され、 高寄りした後も上値を追う展開となっている。 <08:45> 寄り前の板状況、トヨタ自など主力銘柄が買い優勢 市場関係者によると、寄り前の板状況は、トヨタ自動車 、ソニーグループ 、ホンダ< 7267.T>、キヤノン … Read more