South Korea expresses concerns about US inflation control law over EV tax deduction | Reuters

Officials from South Korea’s Ministry of Trade, Industry and Energy are visiting the United States this week to express “concerns” over the U.S.’s anti-inflation law … Read more

Angle: Shortage of semiconductors, crustal movement in power relationship with automakers | Reuters

(Reuters) – Auto makers around the world have been forced to make sweeping changes to their plans to produce more than 10 million vehicles over … Read more

Angle: Following Tesla, the new trend in the automobile industry is “simplification of specifications” | Reuters

[Paris 12th Reuters]–For Emily Marelve (41), who lives in Calvados, northern France, it was easy to choose the body color of the new Renault “Arkana” … Read more

[Market Eye]Stocks: Nikkei average turned positive, US CPI shock avoidance gives a sense of security | Reuters

[東京 14日 ロイター] – <10:50> 日経平均はプラスに転換、米CPIショック回避で安心感も 日経平均はプラスに転換。2万6600円台での動きとなっている。時間外取引で米 株先物は軟調に推移しているものの、外為市場でドル高/円安が進行していることが下支 え要因になっているほか、前2回と異なり、米消費者物価指数(CPI)の強い数値を受 けても米株は崩れず「ショック安を回避できたことが安心感を誘っている」(国内証券) という。 市場では「CPI発表後に米株が崩れなかったため、ヘッジしていた投資家の買い戻 しが活発化しているようだ」(別の国内証券)との声も聞かれた。 <10:12> 下げ幅縮小、半導体関連株底堅く相場下支え 日経平均は下げ幅を縮小し、前営業日比約40円安の2万6400円台半ばで推移し ている。フィラデルフィア半導体指数(SOX指数)が上昇したことを受け、東京エレク トロンや日東電工など半導体関連株が底堅く推移し、相場を下支えして いる。 市場では「昨日の米消費者物価指数(CPI)の公表を受けても米株市場が大きく調 整するなど『CPIショック』には至らなかったため、日本株も下げ渋っているのではな いか」(国内証券)との声が聞かれた。 <09:07> 寄り付きの日経平均は反落、米大幅利上げ観測で景気減速懸念強ま る 寄り付きの東京株式市場で日経平均は、前営業日比121円45銭安の2万6357 円32銭と、反落してスタートした。米消費者物価指数(CPI)の強い伸びを受けて、 米連邦準備理事会(FRB)が大幅利上げを行うとの観測が出ており、世界景気減速への 警戒が一段と強まっている。業種別では、保険業、銀行業などの下落が目立つ一方、水産 ・農林業などは値上がりとなっている。 … Read more

[Market Eye]Stocks: Nikkei average remains in the low range, US 3 consecutive holidays conscious and position reorganization | Reuters

[東京 1日 ロイター] – <14:15> 日経平均は安値圏で推移、米国3連休意識しポジション整理も 日経平均は安値圏で推移している。前日比で500円を超す下落となっており、反転 する気配が感じられない。ここまで大幅に下げる明確な理由は見当たらないが、市場では 「米国市場が4日に独立記念日となるため、週末は3連休で売りが出やすい。それを意識 しポジション整理が活発化しているようだ」(国内証券)との声が聞かれる。 時間外取引では米株先物が軟調な展開となっており、それを嫌気して主力銘柄が総じ てさえない。 <12:48> 後場の日経平均は下げ幅拡大、2万6000円割れ 半導体関連に売り 後場に入り、日経平均は下げ幅を拡大し、前営業日比約470円安の2万5900円 台前半で推移している。節目の2万6000円を下回り、6月20日以来の安値水準とな っている。米株先物の下げが一段と加速していることが重しとなっているほか、半導体関 連株の下落が日経平均を押し下げている。 市場では、「台湾の半導体受託製造大手TSMCの株が大きく下落してい る影響で、日本株市場でも東京エレクトロンなど半導体関連株の売りが加速している」( 国内証券)との声が聞かれた。 指数寄与度の大きい東京エレクトロンは4%安と軟調、TDKは5 %安、アドバンテストは3%安となっている。 <11:45> 前場の日経平均は3日続落、世界景気減速懸念が引き続き重し 前場の東京株式市場で日経平均は、前営業日比233円51銭安の2万6159円5 3銭と、3日続落した。米国などの金融引き締めの加速による世界景気減速懸念が引き続 き意識され、積極的な買いは手控えられた。米株先物が軟調に推移したことも相場の重し となった。 日経平均は小高くスタートしたが、上昇の勢いは続かずマイナス圏に沈んだ。その後 … Read more

[Market Eye]Stocks: Nikkei 225 futures plunge below 26,000 yen due to Swiss central bank rate hike | Reuters

[東京 16日 ロイター] – <16:55> 日経平均先物が急落、2万6000円割 れ スイス中銀の利上げで 日経平均先物が下げ幅を拡大し、心理的節目の2万6000円を割り込んでいる。大 証の日経平均先物9月限は現在500円超安の2万5800円台半ば。引け後にスイス中 銀が15年ぶりの利上げを発表をし、市場でサプライズが広がっている。 スイス国立銀行(中央銀行)は16日、政策金利を0.5%ポイント引き上げマイナ ス0.25%とした。インフレに対処するために2007年9月以来15年ぶりに利上げ に踏み切った。 <15:45> 新興株市場はマザーズが続落、外部環境に連れ安 新興株式市場は、マザーズ総合が前営業日比1.32%安の636.32ポイントと 続落した。朝方はプラス圏での推移となっていたが、アジア株や時間外取引での米株先物 の軟化を受け、マイナス圏に転落して安値引けとなった。 個別では、メルカリ、メドレー、弁護士ドットコム、JT OWERが軟調。サンバイオ、セルソースが買われた。 <14:30> 日経平均は上げ幅を縮小、200円超高 アジア株安など重し 日経平均は上げ幅を縮小し、前営業日比200円ほど高い2万6500円台前半を推 移している。時間外取引での米株先物やアジア株の軟化が嫌気されている。足元のナスダ ック100Eミニ先物小幅安、香港ハンセン株価指数は1%超安。 市場では「中国のゼロコロナ政策は当面続くとされており、経済の先行きに対する悲 観ムードが広がっている」(国内証券)との声が聞かれる。 午後2時30分現在の東証プライム市場の売買代金は2兆0077億8400万円。 東証33業種では、水産・農林業、繊維業、ゴム製品、輸送用機器、不動産業などの29 業種が値上がり。値下がりは海運業、サービス業などの4業種。 … Read more

[Market Eye]Stocks: Nikkei average is below 27,000 yen, panic selling due to rising yen interest rate | Reuters

[東京 13日 ロイター] – <14:20> 日経平均は2万7000円割れ、円金利上昇でパニック売りも 日経平均は一時、前営業日比876円07銭安の2万6948円22銭を付け、日中 安値を更新した。円債市場で新発10年国債利回り(長期金利)が0.255%と201 6年1月6日以来、約6年半ぶりの高水準をつけたことで、値がさグロース株を売る動き が加速した。 ただ、日銀は追加の国債買い入れオペ(14日オファー)を通告しており、市場から は「パニック的な売りが一時的に発生したが、落ち着くとみている」(国内証券)との声 が出ている。 <13:05> 後場の日経平均は安値圏、日銀買いへの期待でも値動き限定的 後場の日経平均は安値圏でもみあい。足元は前営業日比750円超安の2万7050 円近辺を推移している。前場のTOPIXが2%超安となったことで、後場は日銀のET F(上場投資信託)の買いが相場を支えるとの思惑の声も聞かれるが、現時点での株価の 動きは限定的だ。 アジア株も大幅に下落しており、市場では「世界的にリスクオフムードが強まってい る。日銀の買い期待だけでは支えきれない」(国内証券)との指摘が出ている。後場も引 き続き時間外取引での米株先物やアジア株の動きをみながらの展開になるという。 午後1時現在の東証プライム市場の売買代金は1兆7041億8300万円。東証3 3業種では、機械、電気機器、サービス業、輸送用機器などの29業種が値下がり、電気 ・ガス業、食料品などの4業種が値下がりとなっている。 <11:40> 前場の日経平均は大幅続落、強い米CPI嫌気して売り優勢に 前場の東京株式市場で、日経平均は前営業日比735円43銭安の2万7088円8 6銭と、大幅続落。想定以上に米消費者物価指数(CPI、季節調整済み)が強かったこ とで米金融引き締め懸念が強まり、嫌気される形で幅広く売られている。一時は前週末比 … Read more

Angle: US-made semiconductors from Russian reconnaissance planes, how to prevent military diversion | Reuters

[Oakland (California, USA) 1st Reuters]–Marvel, a semiconductor manufacturer in Silicon Valley, learned that a company-made semiconductor was found in a Russian reconnaissance drone recovered in … Read more

U.S. officials identify Kaspersky and China Mobile as “security threats” | Reuters

On the 25th, the Federal Communications Commission (FCC) considers Russia’s security software giant Kaspersky, China Telecom Corporation, and China Mobile International USA as a threat … Read more

[Market Eye]Stocks: Nikkei average narrows, expectations for US-Russia summit talks rise | Reuters

[Market Eye]Stocks: Nikkei average narrows, expectations for US-Russia summit talks rise | Reuters

[Tokyo 21st Reuters]- The Nikkei average has narrowed its decline, and expectations for the US-Russia summit are rising. The Nikkei average has narrowed its decline … Read more