Signs of Russian-Israeli tension in Syria

A meeting between Mamlouk and his Turkish counterpart in Baghdad (soon) Moscow: Raed Jaber – Ankara: Saeed Abdel Razek – Qamishli: Kamal Sheikho Informed sources … Read more

Self-destructing Banksy painting put up for auction in London

A painting by street artist Banksy that was partially torn during its sale in 2018 is set to be auctioned again on October 14 in … Read more

The World Health Organization puts the new “Mo” strain under surveillance

Inauguration of the Center for a Pandemic Early Warning System in Berlin The World Health Organization announced on Tuesday night to Wednesday that it was … Read more

The COVID-19 pandemic in slight decline around the world

The COVID-19 pandemic has eased slightly this week around the world, despite a persistent outbreak in Oceania and North America: here are the weekly highlights, … Read more

For the eighth month… producer prices rise in Romania

Romania’s producer price index rose for the eighth consecutive month in July, data from the National Institute of Statistics showed on Thursday.The producer price index … Read more

Muhammad Ramadan was fined 12.5 million pounds

The Egyptian judiciary upheld a complaint of “violating its contractual obligations” An Egyptian court ruled that the contract between Egyptian artist Mohamed Ramadan and one … Read more

Turkey’s trade deficit rises to $4.278 billion in July

Data from the Turkish Statistical Institute showed today (Tuesday) that the country’s foreign trade deficit rose 51.3 percent year on year in July to $4.278 … Read more

[Market Eye]Stocks: Positive turnaround toward the backstage, voice of “mood change” due to breaking the end-of-month anomaly | Reuters

[東京 31日 ロイター] – <12:35> 後場寄りはプラス転換、月末安アノマリー破りで「ムード一変」の 声も 後場寄り付きの日経平均はプラス転換。時間外取引で米株先物が堅調に推移している ことなどがサポート要因になっている。このまま7月まで11カ月連続となっていた月末 安のアノマリーが破られるかに関心が集まってきた。 市場では「このまま高いままで引け、月末安のアノマリーが破られることになれば、 市場のムードは一変する可能性があり、9月相場の上昇期待が大きくなりそうだ」(雨宮 総研代表の雨宮京子氏)との声も聞かれる。 <11:50> 前場の日経平均は小反落、引き続き月末安アノマリーを意識 前場の東京株式市場で、日経平均は前営業日比53円95銭安の2万7735円34 銭となり、反落した。引き続き月末安アノマリーが意識されたほか、重要経済指標を控え 様子見ムードが広がった。日経平均は一時プラス圏に浮上する場面も見られたが上値は重 く、2万7700円台でのもみあいが続いた。 30日の米国株式市場はダウ工業30種が小反落、S&P総合500種とナスダック 総合が連日の最高値更新となった。景気回復への安心感が広がり、投資資金がハイテク株 に向かった。 日経平均はダウ安の流れを引き継ぎ、反落スタート。朝方から景気敏感株を中心に売 りが先行した。一時10円07銭高まで浮上したが、香港ハンセン指数や上海総合指数な どのアジア株が下げ幅を拡大したことが重しとなり、上値を追う展開にはならなかった。 市場では「7─8月は例年夏枯れ相場となり方向性が出にくい中、きょうはそれに加 えて月末安が意識されている。国内での緊急事態宣言、総裁選の行方も気がかりで積極的 に買いづらい」(国内証券)との声が聞かれた。 TOPIXは反落し0.28%安で午前の取引を終了。東証1部の売買代金は1兆0 … Read more