Nikkei Stock Average falls sharply, drops more than 600 yen Bank of Japan raises interest rates | Reuters

On December 20, the Nikkei Stock Average fell sharply in the aftermarket. Investors were disgusted by the fact that the Bank of Japan announced that it would revise its large-scale easing, effectively raising interest rates. Photo taken at the Tokyo Stock Exchange in May 2013. (Reuters/Toru Hanai) [Tokyo 20th Reuters]- The Nikkei average has fallen … Read more

[Market Eye]Stocks: Nikkei Stock Average Decreases, Accelerates Selling of Export-Related Stocks | Reuters

[東京 2日 ロイター] – <10:15> 日経平均は下げ幅拡大、輸出関連株の売り加速 日経平均は下げ幅を拡大し、前営業日比約430円安の2万7700円台後半で推移 している。寄り付きから変わらず全業種で値下がりし、全面安の展開となっている。下げ 幅は一時450円を超えた。 輸出関連株の下げが目立っており、トヨタ自動車、日立製作所、ホ ンダが軟調。市場では、ドル/円相場での円高進行と前日の米株安が重しになっ ているとの声が聞かれた。「多くの企業がドル/円の想定レートを135円前後としてお り、さらなる円高進行は企業業績にとってマイナスになる可能性がある」(国内証券・ス トラテジスト)という。 足元のドルは135円台前半で、昨日の取引時間中より円高に振れている。 <09:05> 寄り付きの日経平均は反落、利益確定売り優勢  寄り付きの東京株式市場で日経平均は、前営業日比242円90銭安の2万7983 円18銭と、反落してスタートした。寄り付き後も350円安と下げ幅を広げている。昨 日の株高の反動で利益確定売りが優勢となり、節目の2万8000円を下回った。東証3 3業種では、全業種値下がりしている。 昨日大きく上昇した銘柄の下げが目立ち、個別ではソフトバンクグループ、 東京エレクトロン、ファーストリテイリングが軟調。 主力のトヨタ自動車、ソニーグループもそれぞれ1%超安とさえな い。 <08:25> 寄り前の板状況、日産東京販売HLDGが買い優勢 ニッコンHL DGは売り優勢  東証プライム市場の寄り前の板状況では、買い優勢と売り優勢のそれぞれ上位銘柄群 は以下の通り。 買い優勢 銘柄名 騰落 MID 買気 売気 終値 率 気配 配 配 1 日産東京販売HLDG 27% 378 378 378 298 2 進和 24% 2,54 2,54 2,54 2,04 5 5 5 5 3 … Read more

Migrants: two rescue ships must be chartered for the Strait of Pas-de-Calais

The General Secretariat for the Sea (SG Mer), which depends on the Prime Minister, Elisabeth Borne, announced via a press release, Wednesday, November 30 in the evening, a strengthening of the “migrant rescue system in the North Sea Channel”, ” in the next few weeks”. A decision by Matignon, which will see this reinforcement carried … Read more

Today’s stock outlook = small movement, wait-and-see ahead of Fed chairman’s speech | Reuters

TOKYO (Reuters) – Today’s Tokyo stock market is expected to see a small move in the Nikkei Stock Average. The Nikkei Stock Average is expected to be offensive and defensive across the milestone of 28,000 yen. US Federal Reserve Board (FRB) Chairman Jerome Powell is scheduled to give a speech this evening, and it is … Read more

Today’s stock outlook = weak, tech stocks soft or watch trends in Asian stocks | Reuters

TOKYO (Reuters) – Today’s Tokyo stock market is expected to weaken the Nikkei Stock Average. It is expected to take over the trend of the US stock price decline and start with selling first. The Nikkei Stock Average is likely to fall below 28,000 yen, as high-tech stocks such as electronic components and semiconductors are … Read more

[Market Eye]Stocks: Nikkei Stock Average is flat, Nikkei VI declines and voices of “eerie” | Reuters

[東京 18日 ロイター] –    <14:02> 日経平均は横ばい圏、日経VIの低下に「不気味」の声も 日経平均は後場に入ってマイナスに転じ、小幅安での推移となっている。市場では、 先物でまとまった売りが観測されたとして「北朝鮮のミサイル発射が嫌気されたようにも 見えるが、おそらく週末要因だろう」(国内証券のストラテジスト)との見方があった。 一方、2万8000円付近で上値の重さが確認されたとの受け止めも出ている。日経 平均ボラティリティー・インデックス(VI)がレンジの下限と意識される18台の前半 に低下しており「不気味さもあって、上値を追いにくい」(国内証券のアナリスト)との 声も聞かれた。 <11:45> 前場の日経平均は小反発、材料難で小動き続く 前場の東京株式市場で日経平均は、前営業日比47円49銭高の2万7978円06 銭と、小幅に反発した。日本株は朝方に底堅くスタートし、一進一退の展開が続いた。半 導体関連株がしっかりだった一方、グロース(成長)株が売られ、相場の重しとなった。 新規の材料難から明確な方向感はみられず、前場の値幅は120円ほどと、小動きとなっ た。 前日の米株市場では主要3指数が小幅に下落した。日本株市場は売り優勢でスタート するとみられていたものの、小高く始まった。半導体関連株がしっかりで、相場を下支え した。ただ、寄り付き後はもみ合う展開が続き、方向感のない値動きとなった。 一方、昨日の米市場で米長期金利が上昇したことを受けて、グロース株の一角では売 りが広がった。 市場では、足元のマーケットは材料不足との指摘が聞かれ、「12月2日の米雇用統 計の発表に向けては、日経平均は2万7500円から2万8100円程度で、もみ合いが 続きそうだ」(野村証券の投資情報部投資情報二課・課長代理、神谷和男氏)との声が聞 かれた。 物色動向としては、米金利の高止まりを受けてグロース株が売られやすいものの、「 日本はコロナ禍からの経済正常化が遅れていたため、内需のバリュー株などは引き続き底 堅く推移しそうだ」(国内証券・ストラテジスト)という。 TOPIXは0.29%高の1972.07ポイントで午前の取引を終了。東証プラ イム市場の売買代金は1兆4882億4900万円だった。東証33業種では、保険業、 繊維業、輸送用機器など26業種が値上がり。海運業、サービス業、陸運業など7業種は 値下がりした。 個別では、Sansan、メルカリ、リクルートホールディングス などが軟調に推移した。 東京海上ホールディングス、MS&ADインシュアランスグループホールデ ィングスなど保険株はしっかりだった。 東証プライム市場の騰落数は、値上がりが1218銘柄(66%)、値下がりが51 6銘柄(28%)、変わらずが102銘柄(5%)だった。 <10:50> 日経平均は上げ幅縮小、グロース株売りが重し 日経平均は上げ幅を縮小し、前営業日比約40円高の2万7900円台後半で推移し ている。グロース(成長)株の売り圧力が強まっており、相場の重しとなっている。市場 では「米長期金利の上昇や米ハイテク株の軟調な動きに伴い、バリュー株優位で、グロー ス株が売られやすくなっている」(国内証券・ストラテジスト)との声が聞かれた。 個別では、ソフトバンクグループが3%安、リクルートホールディングスが2%安となっている。 一方、相場全体では明確な方向感は乏しい。新規の材料難に加え、週末を控えている ことから、「きょうも小動きの展開が続きそうだ」(別の国内証券・ストラテジスト)と いう。 <09:05> 寄り付きの日経平均は反発、半導体関連株に買い 寄り付きの東京株式市場で日経平均は、前営業日比79円25銭高の2万8009円 82銭と、小幅に反発してスタートした。その後はやや上げ幅を縮小している。昨日軟調 に推移していた半導体関連株に買いが入り、相場を支えている。一方、値がさ株や主力株 は小幅安となっている。 個別では、東京エレクトロン、アドバンテストが小幅高。半面、フ ァーストリテイリング、リクルートホールディングス、エムスリーはさえない。 … Read more